新たな教育職種導入を 「社会生活教育士」を参考に

9月16日に文科省から平成26年度「児童生徒の問題行動等指導上の諸問題に関する調査」の結果が発表された(本紙9月17日号既報)。それによると、暴力行為は中・高校で減少しているのに対し、小学校では前年度より572件増の1万1468件で、特に低学年での伸び率が高かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。