教職大学院の増設 教委との連携強化が充実のカギ

より高度な専門性を備えた力量のある教員の育成を目指し、平成20年度に創設され19校だった教職大学院は、今年度、公立21校、私立6校の合わせて27校(21年度5校増、22年度1校増、27年度2校増)だが、25年の国立大学改革プランを契機に、その増設が検討され、28年度には18校、29年度には7校が新設されるという(本紙9月28日号既報)。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。