深刻化する不登校問題 チーム対応で成果上げる

不登校問題に悩まされる学校は、依然として多い。このような中で、適切な対策で著しい効果を上げている自治体がある。文科省が10月28日に開いた不登校に関する調査研究協力者会議では、岡山県総社市と東京都福生市の取り組みが示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。