一億総活躍社会 教育の充実を大きな要素に

安倍晋三総理は10月7日に発足した第3次改造内閣に当たり、少子高齢化など日本の構造的な問題に真正面から挑み、新たな国づくりとして「一億総活躍社会」を目指すと表明した。その実現のために「希望を生み出す強い経済」「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」を〝新三本の矢〟と位置付け、担当大臣を中心にそれぞれの目標に向けて多岐にわたる政策を総動員して取り組むことを約束した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。