いじめ再調査 学校管理職の指導力発揮を

文科省は児童生徒の問題行動等に関する調査結果を、毎年9月に公表している。今年度は、いじめについて再調査を行い、その結果を10月27日に公表した(本紙10月29日付既報)。問題行等調査では、児童生徒の暴力行為、いじめ、出席停止、不登校、自殺等を扱っている。今年度の調査結果からは、小学校低学年の暴力行為の増加が、新たな課題としてあげられる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。