暴力行為の低年齢化 危機感をもって対応を

小学校における暴力行為の増加、低年齢化に歯止めがかからない。文科省がさきごろ発表した平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果によれば、暴力行為について、中・高で減少傾向にあるのに対して小学校は増加傾向をたどり、特に低学年での高い伸びが明らかになった。(本紙9月17日号既報)

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。