次期学習指導要領 評価の在り方早期に検討を

次期学習指導要領の基本的な枠組みと方向性が徐々に明確になりつつある。

一つは、資質能力を教育課程の全体構造と各教科等の相互関連の中で構造的に整理する方向性を示している点である。同時に各学校段階、学年段階を見通した縦のつながりで教育課程の役割を明確にする方向性も提示している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。