不登校問題の解決に 京都市の多様な支援策に学ぶ

フリースクールなどで学ぶ子どもたちの現状を踏まえ、学校外での学修の制度上の位置付けやその支援策の在り方を考える文科省の「フリースクール等に関する検討会議」の第6回会合が昨年12月22日に開かれた。この中で、京都市教委の生田義久指導部企画顧問が発表した「京都市におけるフリースクール等との連携」と題する事例は、多様な居場所づくりを用意することにより、不登校問題を解決するという画期的な取り組みだった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。