地域との連携・協働 実情に即して着実な実現を

全公立学校で、地域住民や保護者等が学校運営に参画する仕組みとしてコミュニティ・スクールを目指すべきであること、また全小・中学校区をカバーする領域で、地域における学校との協働体制として地域学校共同本部の構築を目指すべきであることを骨子とした中教審答申「新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域との連携・協働の在り方と今後の推進方策について」が昨年12月21日に公表された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。