義務教育充実図る文教予算 一人ひとりに学力の保障を

文教関連予算、特に教職員定数をめぐっては、文科省と財務省の厳しいせめぎ合いが毎年行われている。平成28年度の文教関連予算では、教職員定数の改善に向けた措置は財務省の児童生徒数の減少を理由にした教職員の削減の主張に押し切られ、法定の定数外に若干の加配教員の増員が認められるに留まった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。