学校と地方創生 各自治体が体系的取り組みを

現在、全国各地の自治体・教委で、学校と地域が一体となって地方創生の施策に取り組む機運が高まっている。特に、1月25日に文科省が一億総活躍社会の実現のため、「次世代の学校・地域」創生プラン(馳プラン)を策定したことをきっかけに、その動きに弾みがついたともいえる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。