幼児教育とAL 「深い学び」につながる可能性も

中教審初中教育分科会教育課程部会は、次期学習指導要領で有力となる学習・指導方法として、アクティブ・ラーニング(AL=主体的、協働的学習)の導入を打ち出した。同部会の下部組織である幼児教育部会(無藤隆主査)は早速、その具体的な検討に入った。キーワードは「深い学び」である。
幼児教育部会のこれまでの会合では、各委員から、ALに関して次のような問題が提起されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。