社会を意識した教育課程 小学校教育の集中的議論に期待

現在、小学校教育を大きく変える議論が集中的に行われている。中教審初中教育分科会教育課程部会の下部組織、小学校部会(天笠茂主査)が「小学校の教育課程の改善・充実」を議題に開いているもので、今年1月20日の初会合からほぼ月1回のペース、3月14日の会合で4回目を数え、4月後半にも開く会合で、最終的な報告をまとめる予定だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。