保健授業の未履修問題 学校への不信感が危惧される

先日、東京都東村山市の市立中学校で、2年余りにわたり保健の授業を実施していなかったことが判明し、当該校の校長と市の教委幹部が謝罪会見を開いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。