居心地のいい学校 不登校問題解決のカギに

「学校は、『全ての児童生徒にとって居心地のいい学校』になるという観点から、『全ての児童生徒が自己の能力を発揮でき、楽しく通えるような学校教育』が目指されるべきだと考えられる」

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。