「2030年以降」の教育 教育再生実行会議提言・倉敷宣言踏まえ

「2030年以降」の社会の変化を見据えた教育政策はどう展開すべきなのか――との議論が、中教審など文科省の各審議機関で開始された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。