総則部会の取りまとめ案 「学習評価」が授業改善のよき手引に

中教審における協議では、各部会や各教科等のワーキンググループの取りまとめ案が次々と出され、次期学習指導要領に関する作業が大詰めの時期に来ているようだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。