理工系人材育成の産学官会議 若者に新しい職場を開けるか

7月の参院選は、18、19歳の有権者が誕生して初の国政選挙となり、若者たちの責任が増した。彼らが社会人として活躍できる職場の確保は大丈夫なのか。参院選の直後に開かれた文科、経産両省共催の「理工系人材育成の産学官円卓会議」から、職業選択の方向性が示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。