養・採・研の一体的改革 指導主事の養・任・研も検討を

昨年12月、中教審答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」が出された。そこでは、教育をめぐる時代の大きな転換点にある今、国際的に高い評価を受けているわが国の教員の強みを生かしつつ、教員の養成・採用・研修の一体的改革で、より質の高い教員並びに学校教育が可能になるとしている。しかし同答申は、こうした一体改革を妨げている要因が、日常業務の多忙化に見られる教員の非合理的な業務内容や若手教員を育てるミドルリーダー層の不足と指導体制といった条件整備上の課題にあるとしている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。