不易と流行を考える “元”は一つという視点も

不易と流行という言葉がある。芭蕉が俳論に関して「不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」と述べたのに由来するとされる。物事の変わらない本質を知らなければ基礎が確立せず、時代に合わせて変えていくことがないと、新たな進展がないとの意味であろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。