ニートを解消 高校の「キャリア教育」充実で

OECDは10月5日、「図表で見る社会年版」を発表した。この中で、諸国全体で15歳から29歳までの人口の15%に匹敵する約4千万人の若者が、就学も就業もしていないニートの状態にある実態が明らかにされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。