全国学力・学習状況調査 学力向上は教委と学校の英知で

9月28日に文科省が、今年度の全国学力・学習状況調査結果を公表した。本紙では識者2人による分析を、10月6日号に掲載した。調査開始の10年前に比べ、全体的にいわゆる学力の底上げが進んだ。これまで平均正答率で下位層にいた府県が校種・教科により上位層に躍進し、自治体の取り組みの成果が出たところもあった。一方で、毎年公表される都道府県別平均正答率の順位付けの弊害も指摘されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。