小学校の「英語の教科化」 時間確保・指導体制の充実が焦点

次期学習指導要領に向けた改訂で、小学校高学年で教科型の英語学習が位置づけられている。英語教育の強化ともいえるが、学校現場は、不安と戸惑いを隠せない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。