学校評価・総括評価 次期教育課程のキーワードを視点に

次期教育課程への答申が間もなく出され、平成29年3月には新学習指導要領が告示される予定である。既にキーワードとして「社会に開かれた教育課程」「資質・能力の三つの柱」「カリキュラム・マネジメント」「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニンク)」等々が取り上げられ、内容も示されている。本紙1面でもキーワードごとの解説を連載してきた。今年度の学校評価・総括的な評価では、これまでのやり方を踏襲するのではなく、次期教育課程へのアローチを意識した取り組みを求めたい。校内研修などを行っている様子も耳に入ってきている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。