学校評価・総括評価 次期教育課程のキーワードを視点に

次期教育課程への答申が間もなく出され、平成29年3月には新学習指導要領が告示される予定である。既にキーワードとして「社会に開かれた教育課程」「資質・能力の三つの柱」「カリキュラム・マネジメント」「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニンク)」等々が取り上げられ、内容も示されている。本紙1面でもキーワードごとの解説を連載してきた。今年度の学校評価・総括的な評価では、これまでのやり方を踏襲するのではなく、次期教育課程へのアローチを意識した取り組みを求めたい。校内研修などを行っている様子も耳に入ってきている。

これらのキーワードは全く新しいものではなく、これまでも重視されている内容を多く含んでいる。従って、次期教育課程のキーワードを視点に、校長を中心に全校を挙げた学校評価への取り組みが、次期教育課程の趣旨や方向性の理解にもつながるであろう。次期教育課程に向けた準備の第一段階とする受け止めと実践が重要である。

社会に開かれた教育課程へのアプローチでは、社会や世界の状況を幅広く視野に入れ、求められる資質・能力と学校の教育目標の関連と見直し、教育課程と家庭・社会との関係の見直しなどの評価と改善点の洗い出しなどを行う。

カリキュラム・マネジメントへのアプローチでは、教科横断的な視点での教育内容の相互関係とこれらが教育目標を踏まえているか、PDCAがサイクル化し教育課程の改善に実質的に機能しているか、教育内容と教育活動に必要な人的・物的資源を効果的に組み合わせているかなどを洗い出し次期教育課程につながるようにする。アクティブ・ラーニングの視点からの「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業改善では、実践が確実に行われているかが問われている。即ち、現行の教育課程でも取り組みが求められているのである。言語活動の充実(言語能力の育成)、基礎的・基本的な知識・技能の活用(活用力の育成)、体験的な学習、基礎的・基本的な知識・技能を活用した問題解決的な学習(問題解決力の育成)、探究的な学習(探究力の育成)、学習の見通しと振り返りの指導(学びの継続と深まりの指導)などである。

そして、これらを実現するための個に応じた指導と、良さや進歩、学習意欲を重視する評価などが確実に行われているかである。これらがどの程度、どのように実現しているかを評価し、改善点を具体的に洗い出し、指導計画の改善、ひいては教育課程の改善につなげるようにする。

学校評価は以上の視点とともに、教育課程を円滑で効果的に実施したり、これらを支えたりする教育諸条件についても行う。校務分掌とその機能発揮、人、もの、金、情報などの諸条件は整備されているか。次期教育課程が求める諸条件について、現段階で不足しているものは何か、さらに整備が必要なものは何かなどを明らかにし、この先の取り組みに見通しが持てるようにしておく。家庭や地域、社会との一体的な取り組み、チーム学校としての在り方、コミュニティ・スクール(学校運営協議会)などに関する取り組みの方向性との関連などについても目を向けなくてはならない。

学校評価・総括評価では、マネジメントサイクルを確立し次期教育課程に向けた確かな改善と進化が求められているのを確認する必要がある。今年度の学校評価を次期教育課程への準備とそれを支える諸条件整備への始めの一歩としたい。未来を開く子供たちのための確かな一歩となるように。

あなたへのお薦め

 
特集