学習評価の在り方 実践課題の解決に向けて

小・中学校の学習指導要領が平成28年度末に告示された場合、その後、全面実施に至るまでの期間は、移行措置が実施されるとともに、教育課程編成の方針やカリキュラム・マネジメントなどは先行実施が推測される。観点別評価と評定は、引き続き目標準拠評価として実施される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。