PISAと次期学習指導要領 国際化・情報化に向け国家戦略を

12月6日、文科省からOECDによる生徒の学習到達度調査(PISA2015)の結果が発表された。平均得点の国際比較では、数学的リテラシーと科学的リテラシーは参加72カ国・地域中で5位と2位で前回2012年調査と比べ順位を上げて高レベルを維持したが、読解力は8位で前回の4位から順位を下げた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。