新教育課程に着実な移行を 現行の実践をしっかり吟味して

2030年の社会を見据えた教育の展望を示した中教審答申がまとめられ、年度内には新しい学習指導要領の告示が予定されている。今年以降、実施に入る平成32~34年に至るまでの間は、新学習指導要領の趣旨の理解とそれを各学校の教育課程に具現化し実施するための期間として位置付けられる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。