通級指導充実で教員増を インクルーシブ教育の構築で

現在、特別支援教育を受けている児童生徒の数が増加している。文科省の資料によると、平成27年度と10年前を比較して、特別支援学校(幼稚部、小学部、中学部、高等部)の在籍者は1.35倍、特別支援学級は2.08倍、通級による指導は2.3倍に増加している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。