教員の資質向上で指標 自治体・学校の取り組み前向きに

中教審教員養成部会は、1月17日の部会で「公立の小学校等の校長及び教員としての資質の向上に関する指標策定に関する指針」(素案)について議論した。新しい指標は、教員の養成・採用・研修を通じた新たな体制整備を構築するため、教育公務員特例法等の一部改正法案が国会で成立(平成28年11月18日)したのに伴い策定するもので、この4月から発効する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。