学習指導要領案 総則をどう生かすか

学習指導要領案が公表され、告示を経て平成32年度、小学校から順次全面実施となる。今後各学校では、新教育課程の目指す理念や趣旨の理解、各教科等の改訂内容の把握を進めながら、教育課程編成の準備に入っていく。各学校ではこれまでも、教育基本法や学校教育法を踏まえ、総則に示された学力像を基本に、地域の願いや児童生徒の課題等を押さえながら教育目標を設定してきた。この意味で、総則は各学校の教育課程編成の基本指針となってきた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。