秋田県の教育に秘訣 探究型授業と共同研究システム

文科省が平成19年度から実施している全国学力・学習状況調査で、常にトップクラスの成績を収めている秋田県の、小・中学校の教育。その要因は、「話し合い・対話・討論を重視する『探究型授業』」と「実質化された授業の共同研究システム」にあるとの見解が、同県教育の指導・改善のリーダー的役割を発揮してきた阿部昇秋田大学大学院教育学研究科教授(秋田県検証改善委員会委員長)から明らかにされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。