発達障害支援で改善勧告 総務省が早期発見や支援計画などで

総務省行政評価局は今年1月20日、文科、厚労の両省に対し、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害、学習障害などの「発達障害」のある児童生徒の支援などに関する行政評価・監視調査の結果に基づく改善勧告を出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。