被害児童を出さない ネット世界の負の局面で

寸暇を惜しんでスマートフォンを操作する人たちの姿が、どこでも当たり前となった。時は、インターネット万能時代。急激に普及したスマホ、タブレット端末などが生活を大きく変え、いつもインターネットに触れていないと不安を感じる「ネット依存(症)」の時代ともなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。