中教審初中教育分科会の答申 教師間の結束で難問の克服を

中教審の初等中等教育分科会は4月18日、第111回会合を開き、直近の重要施策の審議状況を明らかにした。これらの施策は、新しい学習指導要領の実施に大きな影響を与えると見られるだけに、その推移が注目される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。