資質・能力の育成 カリキュラムを作れるか

各学校には、必要な資質・能力を育成する教育課程を編成できるか、平成29年度から31年度(中学校は32年度)までの間で編成できるかが問われている。知識・理解中心ではない。資質・能力をバランスよく育成する教育課程が求められている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。