社会に開かれた教育課程 校長の仕事として認識を

小・中学校の次期学習指導要領が3月31日に告示され、間もなく解説も公表される。既にマスコミは、学校が編成する新教育課程に向けての情報や教委・学校が今後とるべき対策等について発信している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。