小学校英語の教科化 教育行政は適切な指導を

「次期学習指導要領の中で最も関心の高いトピックスは何ですか」。ベネッセ教育総合研究所が『VIEW21』教育委員会版の読者アンケート(1~2月実施)でこう質問を発したところ、上位5位を占めたのは「小学校英語の教科化(外国語活動の前倒し)」(28人)、「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」(27人)、「道徳の教科化・評価」(20人)、「資質・能力の育成」(12人)、「カリキュラム・マネジメント」(7人)の順だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。