第十次提言 教師の働き方改革で道筋示す

政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大学総長)は6月1日、「自己肯定感を高め、自らの手で未来を切り拓く子供を育む教育の実現に向けた、学校、家庭、地域の教育力の向上」と題する第十次提言をまとめ、安倍晋三首相に提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。