教員の多忙化解消へ 本来業務の徹底論議を

教員の長時間労働解消に向けた負担軽減策が求められている中で、松野博一文科相は6月22日に開かれた中教審(北山禎介会長)の総会で、「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について」諮問した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。