SNS上のいじめ問題 相談のミスマッチ解決へ

近年、小・中・高校生の若年層を中心に急激に普及したSNS。コミュニケーション手段として有効利用され、いじめの経路となる一方で、その問題解決の対応策にもなると期待されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。