OECD教育政策レビュー 日本の「強み」を教員の質に

文科省生涯学習政策局政策課は、7月24日に開かれた中教審教育振興基本計画部会の席上、「OECD教育政策レビューについて(中間レポート概要)」と題する資料を配布した。中間レポートには、OECDが日本と協力して「我が国の教育の『強み』と『弱み』を分析する」という、興味深い研究内容が盛り込まれている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。