働き方改革 積極的な自助努力も必要

夏季休業の間、多忙に明け暮れていた教職員は、多少なりとも休みが取れ、リフレッシュできたであろうか。かつては「先生は夏休みがあっていいね」と言われていたが、今では夢のまた夢。夏季休業日にも授業や研修がある。水泳指導、補習、移動教室、林間・臨海学校、部活動などや、地域行事への参加等があり、ゆっくりと休暇が取れない場合も多いのではなかったか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。