9月に多発する自殺 信頼関係の構築で根絶目指す

学校は、夏休み期間を通して心身共に成長した子供の姿を、子供からの報告やその表情、宿題で子供が制作した作品などから把握し、9月以降のさまざまな教育活動に生かしていってほしいものである。その中で、この期間に新たな悩みや不安を抱えた子供の存在も把握すべきだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。