「小学校英語」の教科化 教員の不安払拭し「楽しい授業」を

新学習指導要領の全面実施に向けて、小学校の現場では、平成30年度から始まる2年間の移行期間中の外国語教育(中学年の外国語活動、高学年の教科「外国語」)の準備に追われている段階である。慣れない英語指導に対する教師の不安感は根強く、有効な手を打たなければ、成功もおぼつかないという声すら上がっている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。