わいせつ教員の根絶 処分情報共有可能な管理システムを

子供へのわいせつ行為で懲戒免職などの処分を受けた教員は、平成27年度で過去最高の224人となり、ここ数年増え続けている。スマホ等の交流サイト(SNS)の普及が影響していると言われている。子供たちの人格形成に大きく関与する教員が、逆に子供の人格形成を阻害する行為に及ぶことは決して許される行為ではない。処分の厳罰化も検討されるべきである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。