部活動の見直し 教育課程の位置付けから検討を

部活動と教育課程との関連を見直す必要がある。本紙の最近の記事において部活動に関する二つの提案があった。一つは本紙論説委員の細谷美明氏の「部活指導を教科等指導と同様に」(9月7日)、もう一つは高階玲治氏の「部活は指導法の改革を」(9月14日)である。いずれも現在の部活動の在り方について問題を投げ掛け、新たな部活動の在り方や指導方法の見直しなどを求めている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。