学校管理職志望者の不足 職務に誇りと喜びを見せよう

次期学習指導要領では、「社会に開かれた教育課程」に基づき、教育活動の質を向上させ、学習効果の最大化を図るカリキュラムマネジメントを行いながら、教員に「主体的・対話的で深い学び」の授業改善を求めている。この教育の実現のために、学校の責任者である校長の強いリーダーシップが必要不可欠だ。次期学習指導要領の具現化のカギを握る学校管理職の現状はどうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。