「教職調整額」の引き上げ 教員の長時間労働の改善も

働き方改革で置き去りの「教員の長時間労働」、残業代ゼロを明記した「給特法」が課題――。ネット上(弁護士ドットコム)で、こんな見出しの記事が掲載されていた。公立学校の教員については、その職種の特殊性から残業代の代わりに、基本給の4%に相当する「教職調整額」が支給されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。