細かすぎる校務分掌 「学校組織」の抜本的な改革を

「学校の仕事は細分化されている状況であるが、組織や校務分掌が細かすぎると、責任の所在や役割について混乱が生じることが懸念される。過重労働による心身の負荷を抑えるという観点からも、一人の人間が問題を抱え込むという状態を防ぎ、問題を共有化して組織的に対応できる体制をつくることが重要だ」

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。