知識基盤社会における学校教育像 20~30年先見据え多角的な模索を

平成17年の中教審答申「我が国の高等教育の将来像」では、「知識基盤社会」の時代認識を示し、新時代の高等教育像につながる施策を提示。24年の中教審答申では、アクティブ・ラーニングなどの概念を提起、大学教育の質的転換を促す方向性を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。